トップページへ

ハワイ王朝史

目次

トップページに戻る

FXを楽しむための小ネタ集

ハワイの神話と伝説~ハワイ王朝~カメハメハのハワイ統一

18世紀末までのハワイの歴史は、ポリネシアの島々との交流はあったものの、国際政治 といえるようなものではなく、ハワイという小さな島々の中で繰り広げられた歴史でした。 しかし、1779年、クック船長の来航にはじまる西洋諸国との接触によって、ハワイの 歴史は、世界史の一部として位置づけられることになりました。「世界」を前にして、ハ ワイ史上はじめての統一王朝を築いたのがカメハメハ大王なのです。ここでは、ハワイが 統一に至った道のりについて簡単に解説します。

1780年頃、実はハワイ島とカウアイ島以外全ての島は、マウイの大王カヘキリによっ てほぼ統一がなされていました。一方、ハワイ島はリロア王直系のカラニオプウ王がしっ かりと押さえ、カヘキリのマウイ島に、隙あらば攻め込もうと狙っていた状況でした。

ただ、当時すでに、マウイの王室とハワイの王室は血縁的にはつながっており、カラニオ プウの妻カローラも、大王カヘキリの妹だったのです。

1782年、カラニオプウ王が死去します。彼はフラが好きで、庶民にも人望があった王 でしたが、遺言で、王権は息子のキワラオに、守護神クーカイリモクは甥のカメハメハに 渡されました。キワラオは、自分よりもはるかに身分が低いカメハメハが、重要な宗教儀 式を仕切るのが面白くありません。カメハメハを警戒して軍勢を集めたりもしますが、そ の年のうちにカメハメハによって返り討ちに会い、滅ぼされてしまいます。

しかし、カメハメハがいきなりカラニオプウの後継者としてハワイ全土を手に入れられた わけではありません。キワラオの没後、ハワイ島は、カウの大酋長ケオウア、ヒロの大酋 長ケアウエ、そしてコナのカメハメハによって3つに分裂してしまったのです。

この様子をマウイ島から窺っていた大王カヘキリ。彼はハワイ島に密偵を送り込み、3人 に巧みに干渉して3人の共倒れを狙います。まんまとその狙いに乗ってしまったのがケオ ウア。彼はヒロに攻め込み、ケアウエを滅ぼしてしまうのです。

しかしカメハメハは違いました。カヘキリの計略を察知すると、逆にマウイ島に侵攻した のです。(1790年)。マウイ島イアオ渓谷でカメハメハは大勝利を収めましたが、ハ ワイ島でケオウアが不穏な動きをしていることを察知し、ハワイ島に軍を返します。とこ ろが、ここでケオウアを不幸が襲います。キラウエア近傍を進軍中だったケオウア軍に、 キラウエア火山の大噴火が襲うのです。ほとんどの兵士が進軍中そのままの姿で溶岩に呑 みこまれて石になってしまいました。現在でも固まった溶岩の上に「裸足の足跡」を見る ことができます。

この事件で、カメハメハは女神ペレを味方につけていると評判になります。そして、1791 年、ハワイ統一を祈願して建てられたプウコホラの神殿で、ケオウアは酋長の身でありな がら、生贄として捧げられてしまったのです。

1794年、ついに大酋長カヘキリが老衰で亡くなりました。この日が来るのを心待ちに していたカメハメハは一気にマウイ島めがけて攻めあがります。守るのはカヘキリの長男 カラニクプレ。しかし、彼はカメハメハの敵ではなく、1795年2月、オアフ島ヌアヌ パリの戦いで撃破され、カメハメハはその足で、ホノルルに「ハワイ王朝樹立」を宣言し たのです。


カメハメハのハワイ統一のあゆみ

1796年、まだ勢力下になかったカウアイ島の酋長カウムアリイに対して、カメハメハ は15000人の大兵力で攻撃を仕掛けます。しかしこのときは大暴風雨が吹き荒れ、軍 勢はちりぢりになってしまいました。1803年、仕切りなおしでさらに増強した軍勢で カウアイ島に向かいますが、ほぼ同時にハワイ諸島中にペストが大流行。戦争どころでは なくなって侵攻断念します。

このように、不思議な力に守られたカウアイ島でしたが、1810年、アメリカ人ウイン シップ兄弟を仲介役としてカウアイに使者を送り、平和裏に恭順をうながしました。カウ ムアリイはホノルルをおとずれて恭順の意を示し、カウアイとニイハウは、ハワイ王国の 一部として、そのままカウムアリイが治めることとなったのです。

カメハメハは、実は語学にも堪能で、当時来航してきたイギリス人たちを先生として、た ちまち英語を話すようになったと言われています。カメハメハの有名なブレーンとしては、 フェアアメリカン号でやってきたアイザック・デイビス、エレノア号でやってきたジョン・ ヤング、クックに同行してきたときと合わせて2度目の来航となったバンクーバーなどが います。カメハメハの圧倒的な強さは、彼らを通じて装備をすすめた近代兵器によるとこ ろも大きいようです。

余談ですが、カメハメハの母、ケクイアポイワは、単身でマウイに滞在中に身篭り、その 子供として生まれたのがカメハメハだとされています。その話が本当であれば、カメハメハの 本当の父は、宿敵マウイの大王カヘキリということになってしまうのです。