トップページへ

神話時代のハワイ

目次

トップページに戻る

FXを楽しむための小ネタ集

ハワイの神話と伝説~神話時代の歴史~タヒチのラア

前章に引き続き、13世紀頃の話です。モイケハはカウアイ島で安定した政権を築き、 のちに安産の神として信仰を集めることになる「ホロホロ・ク」ヘイアウを建立したりし ます。息子達もたくましく成長しました。しかし、時に触れ思い出すのは、タヒチにおい てきてしまった弟オロパナと甥のラアのことです。

モイケハはついに決心し、三男のキラを代表に立て、豪勢な贈り物を持たせてタヒチへと 向かわせました。タヒチでは老オロパナも健在。ラアは頭角を現して酋長になっていまし た。キラはしばらくタヒチに滞在し、オロパナの最期を見届けた上で、ラアを連れてカウ アイに戻ります。

このときラアが伝えたのが「オヘ・カエケ」という竹の筒のドラムと、パフ・フラという 鮫皮のドラムで、これらはハワイのフラで用いられる定番の楽器になりました。(注)

とにかく、カウアイではラアを迎えて大歓迎の祝典が開かれます。ラアの故郷オアフの貴 族の娘3人がラアと結婚し、3人がそれぞれ無事に出産したのを見届けたラアは再びタヒ チへと戻ったのです。ラアはタヒチでも子孫を残し、その系図は現在まで続いています。 ハワイとタヒチの双方で系図の検証ができるため、わりと正確に年代が推定できるのです。

ちなみに、ハワイ滞在中にラアが住んだのはカホオラヴェ島。現在でもカホオラヴェ島と ラナイ島の間の海峡をケアライカヒキ(カヒキへの道)といいますが、その名がつけられ たのは、ラアがここを通ってタヒチに戻ったからだといわれています。

(注)ラアは2度ハワイを来訪し、1回目の来訪で伝えたのが鮫皮のドラム、2回目に    伝えたのが竹のドラムであったという説もあります。(Fornander)