トップページへ

カネの水

目次

トップページに戻る

FXを楽しむための小ネタ集
カネの水~ナマカとの結婚

鳥たちから、「奴らの仲間が1人、海岸に泳ぎ着いているようです」という報告を受けたナマカ。 ひねりつぶしてやろうと出かけていきましたが、アウケレの持つ才能を見抜き、また、彼の 容姿も端麗であったことから、アウケレを許してやるどころか、なんと彼と結婚してしまったのです。

しばらくの間、2人は幸せな暮らしを続けていました。
ナマカはアウケレに、自分の知っているさまざまな魔法も伝授してやりました。たった1つ、 空を飛ぶ魔法を除いては。もしもこの魔法を知られたらアウケレは飛んで逃げ帰ってしまう のではないかとナマカは心配したのでした。

ナマカには何人もの兄がいました。彼らはみな気さくな人たちで、アウケレにも気さくに声を かけてくれます。そんなある日、「アウケレよ、空を飛ぶことはできるようになったか?」と 聞きます。そんな魔法は全く教えてもらっていなかったアウケレが「そんなことも できるようになるんですか?」と聞き返します。

「そうか、ナマカはお前が逃げていくのが心配で教えてないんだな。じゃあ、俺達が こっそり教えてやろう。彼女には内緒だぞ」と、秘密の特訓をしてくれます。

最初はなかなかうまくいかず、何回も墜落しては大きな音を立て、「いったい何事か」と ナマカがやってきますが、そのたびに兄達が「いや、レスリングの練習だよ」とか、 「いや、ボクシングの稽古だ」などと言ってごまかしてくれたのです。 そしてついに、アウケレは自由自在に空を飛ぶ術を身につけたのでした。

そんなある日、アウケレは夢を見ました。夢の中では、彼の甥のカウマイが悲しそうに 泣いています。そう、彼は兄達と一緒に海の底に沈んでいたのです。
いったん思い出すと、日々悲しみは消えません。ナマカも気にしてわけをききますが、 何しろ直接の原因はナマカのせいなので、アウケレもあいまいにしか答えません。

(左上のメニューに沿ってお読みください)