トップページへ

ラウカイエイエの伝説

目次

トップページに戻る

FXを楽しむための小ネタ集
ラウカイエイエ~カウアイ島にて

マカニカウ自身もなかなかハンサムな男だったので、途中、マエリエリ、とか、リマロアという 竜の娘達に誘惑されることもありましたが、すべて断ち切って、とうとうカウアイ島の ハエナの目の前までやってきました。ところが、沖のほうから叫び声が聞こえてきます。 しかも、どうやら助けを呼んでいるようにも聞こえます。

目を凝らしてよく見ると、一艘のカヌーが人食い鮫に襲われているようです。 マカニカウは大急ぎでカヌーで現場に駆けつけ、海に飛び込み鮫と格闘、そしてとうとう 大きな鮫をやっつけて岩にしてしまったのです。これが今でもハエナに残るシャーク・ロックの起源です。

マカニカウが岸に上陸すると、おびただしいイイウィ鳥の群れが、ニイハウ島の近くの小島、レフア島の ほうを目指して飛んでいるのが見えます。また、鳥達は1人の男を運んでいるようです。 「その男こそがイエイエが夢に見た男に違いない」と確信し、マカニカウはレフア島まで 鳥を追っていきました。

追いついて話をしてみると、男の名はカウェロナ。なんと、カウェロナも、夢の中で、 イエイエという美しい少女に出会い、会いたくてしようがなかったがどこに行けば 会えるのかわからなくて困っていたとのこと。

ということで話はすぐにまとまり、カウェロナは一族に別れを告げてマカニカウの ボートに乗り込み、ハワイ島に向かうことになりました。

ボートはカウアイ島のマナ・ビーチにいったん上陸、ここで3人の妖精を拾って ボートに乗せます。次に立ち寄ったのはオアフ島。行きの途中で離脱していた ププカニオイ夫婦と、さらにまた何人かの妖精たちを乗せ、今度は鮫の神カモホアリイが 住むというカホオラヴェ島へ向かいます。

(左上のメニューに沿ってお読みください)

ラウカイエイエの伝説の出典・参考書籍 (順に書名、著者名、発行者。クリックで紹介ページへ

HAWAIIAN MYTHOLOGY、M.W.Beckwith、Univ of Hawaii Press