トップページへ

ラウカイエイエの伝説

目次

トップページに戻る

FXを楽しむための小ネタ集
ラウカイエイエ~夢の中の恋人

女の子は、イエイエの葉、という意味のラウカイエイエと名づけられ、鳥や花を友達にして、 それはそれは美しく育っていきました。彼女の家には、木の妖精や貝の妖精などたくさんの仲間が 集まるようになり、いつも光の中で歌声が聞こえる場所になっていました。

そんなある日、イエイエは夢を見ました。夢の中で、彼女はとてもハンサムな男に出会い、 たちまち恋に落ちてしまいます。その男はカウアイ島のほうにいる王子だということはわかった ものの、それ以上のことは一切わかりません。

来る日も来る日もイエイエは同じ夢を見続け、とうとう恋わずらいで寝込んでしまいました。

仲間達はみな彼女のことを心配して、いったいどうしたのかとたずねると、 「私は彼と結婚したい。誰か彼を迎えに行ってくれないかしら」と言うのです。

友人達はみんな我先に「私が迎えに行く、いや、俺が」と大騒ぎ。そして、公平のために 一番指の長い人が行こうということになり、比べてみると、貝の妖精、ププカニオイが一番。 彼女は喜んで自分の一族を呼び寄せ、貝のボートをこしらえると、兄である風の神マカニカウも 呼んで意気揚々と出航していきました。

ところが船がオアフ島まで来たとき、浜辺にハンサムな男性が現れ、彼と恋に落ちてしまった ププカニオイはあえなくリタイヤ。しかたがないので兄のマカニカウが単身、 カウアイ島に向かうことになりました。

(左上のメニューに沿ってお読みください)

ラウカイエイエの伝説の出典・参考書籍 (順に書名、著者名、発行者。クリックで紹介ページへ

HAWAIIAN MYTHOLOGY、M.W.Beckwith、Univ of Hawaii Press