トップページへ

ヒイアカの悲劇

目次

トップページに戻る

FXを楽しむための小ネタ集
ヒイアカの悲劇~帰還、そして判決

無事に落ち合った3人は、プウロア(現在の真珠湾)の女王、ペレウラを表敬訪問します。 ペレウラは3人を賓客として迎えてくれ、その夜はペレウラの屋敷に泊まることになりました。

日が暮れると、ペレウラの主催でキル・ゲームが始められました。このゲームは上流階級の間で 流行したちょっと危ない遊びで、ゲームに参加している男女の間で、言葉遊びも交えながら 相手を口説いていくようなものです。

ロヒアウは、なんとかヒイアカを口説こうと躍起になりますが、失敗続き。 ヒイアカの神々しさがロヒアウの欲望を全く受け付けなかったのです。 そして明け方、ヒイアカたちはみんなが少しまどろみ始めた頃を見計らって、 ペレウラの屋敷から脱出しました。

一行は東に向かって急ぎ、カイムキからワイアラエ、そしてハナウマ湾へ。 カウアイ島に向かうときには、行く先々でモオに行く手をはばまれましたが、帰りは 邪魔するものは無く、ここからモロカイ島を経由して一気にハワイ島まで戻ったのです。

ハワイ島ヒロに到着したヒイアカたちはそこからは陸路で故郷のプナを目指しました。 そして、プナの海岸に到着したヒイアカの目に飛び込んできたのは、岩にされ、 波に洗われているホポエの姿だったのです。
この仕打ちはいったい何なのか。私たちのこれまでの苦労はいったい何だったのか。

言いようのない脱力感がヒイアカを襲い、彼女は、自分に代わってワヒネオマオを使者に立て、 ペレのところに顛末報告に行かせました。たしかに約束の期限は過ぎているものの、自分たちは 命がけでロヒアウを蘇生させてペレのために連れ帰ったのだということを伝えさせたのです。

しかし、ペレは全く聞く耳を持たず、ワヒネオマオを牢獄へと放り込んでしまいます。 また、ヒイアカとロヒアウに対しては死罪を宣告したのでした。

ヒイアカとロヒアウ
ヒイアカとロヒアウ painted by Sol Enos

ロヒアウ自身は、もうとっくにペレへの愛情を失っており、底なしに優しく、誠実で、 勇気もある美しいヒイアカへの愛が日増しに深まる一方です。ヒイアカも、これまでずっと 姉ペレのために、ロヒアウとは距離を置いて接してきていましたが、彼女も心の底では ロヒアウのことを愛するようになっていたのです。

ほどなくペレからの死刑宣告が2人に届き、2人は死刑台へと運ばれます。 長い旅の果てに、死刑台という場所ではじめて、2人は互いの気持ちを確認し合い、 固く抱き合って口づけを交わしたのです。

(左上のメニューに沿ってお読みください)