トップページへ

ヒイアカの悲劇

目次

トップページに戻る

FXを楽しむための小ネタ集
ヒイアカの悲劇~オアフへ

モロカイ島でも、キキプアというモオを倒したりして手間取りましたが、幸い、オアフ島に 向かうという船を見つけることもでき、すぐにオアフ島に向かいます。

カウナカカイから出発したのですが、ヒイアカたちは船の船頭とはどうも相性が良くない ようで、この船頭もまたヒイアカたちの美しさに心奪われてしまいます。 しかし、彼は一応、礼儀正しく、マカプウに到着して船から彼女たちを降ろすや否や 自分の妻を呼び出してその場で離婚を宣言。ヒイアカとオマオの2人に正式に結婚を 申し込んできたのです。

もちろん彼女たちがそんな提案を受けられるわけがなく、可哀想とは思いながらも その場を後にします。考えてみればヒイアカたちも罪な女性なのかもしれません。

マカプウからはオアフのコオラウ側(北側)を進みます。この地方は天候不順なことが 多く、激しい雨が彼女らの行く手をさえぎります。 2人がクアロアという場所まできたとき、ここでもまたモオが出現します。 モコリイという巨大なモオですが、動作は鈍く、一撃で倒すことができました。 そこに現れたのがカウヒという名の老人。これまでモコリイには散々ひどい目にあっていた のを救ってくれたことで2人にお礼を言いにきたのです。

ところが2人が名乗ってびっくり。なんとこの老人は、ペレやヒイアカたちと一緒に カヒキからわたってきた一行のひとりだったのです。しかし老人で体力がないため、 オアフ島まで来たところで、ずっとここに留まることにしたのだということでした。

カウヒも気持ちは、ヒイアカたちに同行していきたいようでしたが、何しろ体力がないので 足手まといになるかもしれず、この地でヒイアカたちの無事を祈りつづけるということで お別れです。

■■

その後2人は順調に旅を続け、ラニロア岬からライエを通過、最北端を回ってワイメア川を 渡り、ついにカエナ岬に到達します。

実はこの地は、ペレが夢の中でロヒアウたちのドラムの音をきいた場所。 目指すカウアイ島も目前です。ここにはまた、ポハク・オ・カウアイという、 カウアイから飛んできたといわれる大きな岩があり、しかも人なつこくヒイアカたちに 話しかけてくるではありませんか。

親切なポハク・オ・カウアイはなんとカヌーまで用意してくれ、ヒイアカたちは 意気揚々とカヌーに乗り込みました。しかし、喜びも束の間、ペレからの使いだという 精霊から便りが届き、ヒイアカたちの足の遅さに怒ったペレは、ヒイアカの大切に していたレフアの森を焼き払ってしまったというのです。

ショックを受けたヒイアカですが、とにかく、ここまで来たからにはロヒアウを連れて 帰らないわけにはいきません。カウアイ島のほうに目を凝らすと、ロヒアウが精霊と なって彷徨っている様子もうかがえます。

2人は、カウアイ島のハエナに到着しました。
そこには足の不自由な酋長、マラエハアコアが住んでおり、その日も奥さんに背負われて 海岸まで行き、漁をはじめたところでした。 彼を見ていたヒイアカは、彼のために魚を寄せて大漁にしてやり、さらにまた、 強い力を念じて、彼の足を直してやったのです。

マラエハアコアの喜びはひとしおです。早速自分の足で家に戻り、村の人々にも手伝わせて お祝いの宴会を開きます。彼は自分の足を直してくれたのが、近くで自分を見ていた ヒイアカたちであることに気がついており、人をやって宴会に招き、心からお礼の チャントをうたいます。

マラエハアコアは常々、女神ペレを尊敬し、信仰していたのですが、ヒイアカがそのペレの 妹だということがわかると、これこそが天の引き合わせ、これから先、自分は一生 ヒイアカのしもべとして仕えることを誓うのでした。

(左上のメニューに沿ってお読みください)